2017年2月26日日曜日

園児の防火パレード

 先日朝、家の向かい側の歩道で幼稚園児の防火パレードが行われた=写真。歩いて行ける範囲内に幼稚園が二つある。少し遠い西の幼稚園だった。「防火」の字入り消防法被を着た「幼年消防クラブ」の一行は年長組、それを見守る子たちは年少組だろうか。パレードが東へ向かうと、年少組は西の幼稚園へ戻って行った。
 その3日前の日曜日、東にある幼稚園で園舎改築工事の地鎮祭が行われた。地元の区長3人も招待された。先に届いた案内には幼稚園名に「認定こども園」の冠が付いていた。保育、教育、保護者への子育て支援を総合的に提供する施設のことで、幼稚園要覧に平成28(2016)年度から園舎の改築工事をし、認定こども園に移行する、とあった。

 同幼稚園は昭和39(1964)年、教育基本法・学校教育法・私立学校法・幼稚園教育要領に基づいて創設された。教育方針の第一は「幼児期にふさわしい人的、物的環境を整え、地域に密着しながら時代に即応した心の通うあたたかい幼児教育を進めています」。一般的にはこういうものだろう。

 関西方面から伝わってくるニュースは、しかし、ちょっとおどろおどろしい。某学校法人が開設を計画している小学校用地として、国が鑑定価格9億5600万円の国有地を、地中のごみ撤去費8億1900万円などを差し引いて1億3400万円で売却した。首相夫人が名誉校長に就くはずだった。系列の幼稚園では教育勅語を朗誦させている――。

 こちらとあちらとでは大違い。世の中には不可解なことが起きるものだ。地域に根づき、地域の子どもたちの未来を見すえて幼児教育に携わっている施設を、ちらりとだがのぞいたばかりの人間にはそう思われた。学校法人と行政、行政と行政の関係はどうなっているのか、裏になにかあるのかないのか。マスメディアの本領が問われる一件だ。

2017年2月25日土曜日

乗ったら新式電車だった

 きのう(2月24日)の続き――。22日の夕方、電車でいわき駅から二駅先の湯本へ出かけた。帰りも電車を利用した。いわきは広い。ハンドルを握って帰って来る覚悟があれば車で行く。が、ノンアルではどうも、という人間なので、前からの習慣で電車にした。
 常磐線の広野発水戸行きだった。電車が到着する。高校生たちにまぎれて乗り込む。あとからやって来た高校生が、乗ってはドアのそばのボタンを押す。ドアが閉まる。別の高校生が外のボタンを押してドアを開ける。閉める。乗り込んでもボタンを押さずに開け放したままの大人がいた。私もそうだった。暖房の効率を上げるために停車中は開けっ放しにしない、ということなのだろう。

 震災後、何度か「スーパーひたち」を利用した。品川まで延伸されたり、座席指定の有無がランプに表示されたりと、常磐線の特急は“進化”していた。普通列車にも新式が導入されていた。
 
 それだけではない。湯本駅も内郷駅もおおよそ2年前にリニューアルされた。内郷駅は去年(2016年)の暮れに、やはり飲み会のために降り立ってリニューアルを実感した。湯本駅も、リニューアル後、初めて利用した。
 
 湯本からの帰り、電車が来るまで時間があったので、駅舎のなかをじっくり見た。「大人の休日倶楽部」のリーフレットが置いてあった=写真。下りホームの足湯は、新しくできた駅舎2階の「湯本美食ホテル」からインターフォンで飲み物を注文できるという。
 
 きのうのいわき民報に、常磐線水戸~いわき駅間開業120年の企画広告が載っていた。同区間は明治30(1897)年のきょう、2月25日に開通した。
 
 磐越東線は100年前の大正6(1917)年10月10日、小野新町―小川郷駅間に夏井、川前駅が新設されて全通した。川前駅も駅舎がリニューアルされたそうだ。あしたは夏井川渓谷の隠居へ行くので、川前まで足を延ばして駅の写真を撮るか。

2017年2月24日金曜日

4年ぶりの総会

 いわき市常磐の温泉旅館・古滝屋でおととい(2月22日)夜、ブッドレア会の総会・懇親会が開かれた。総会資料=写真=には4年分の収支決算・事業報告と、29年度の予算・事業計画が盛り込まれていた。
 同会は文化と福祉のボランティア団体で、昭和57(1982)年に故里見庫男さんが中心になって設立した。里見さんは古滝屋の社長を務める一方、いわき地域学會の初代代表幹事となり、いわき商工会議所の副会頭にも就いた。

 里見さんの死後、東日本大震災が発生した。温泉旅館は原発事故収束作業員の宿舎になった。震災から復旧した古滝屋へは、関係するシャプラニール=市民による海外協力の会の被災地ツアー食事会や、交流スペース「ぶらっと」のクリスマス会などでお邪魔したほかは、すっかり足が遠のいた。
 
 ブッドレア会も震災や会員の高齢化などが活動に影響したのだろう。4年ぶりの総会は、会の再出発を確認する決意の場のようにも感じられた。地元・常磐に住む会員とは震災後、初めて顔を合わせる人が大半だった。
 
 懇親会では、温泉街の現状を教えてもらった。「温泉旅館から原発関係の作業員の姿が消えた。宿舎が原発の近くにできたから。駅前の商店街も灯が消えたような状態。これからが正念場だ」。かつては平(いわき駅)から二駅目の湯本へ、毎月、飲み会に電車で通った。駅から古滝屋まで10分ほどの通りは、夜ももっと明かりがともっていたような気がする。
 
 それはさておき、ブッドレア会設立時に40歳だった人も、今は75歳だ。マイクを持つと「後期高齢者になった」というあいさつが続いた。ボランティアの最前線は若い世代にまかせ、サブとして活動する――そういう時期にきたようだ。

2017年2月23日木曜日

ホープツーリズム

 いわき市の観光部門の職員と雑談しているうちに、インバウンド事業とダークツーリズムの話になった。インバウンドは訪日外国人旅行、ダークツーリズムは福島県の場合、地震・津波・原発事故のあった浜通りの「悲しみ」に触れる観光のことだ。県はその裏返しなのか、「ホープ(希望)ツーリズム」ということを言っている、という。
 1年近く前のことだが、震災後知り合ったフランス人女性写真家デルフィンと一緒に、若い同時通訳氏らが京都からやって来た。彼は右京区京北(けいほく)の山里を拠点に、外国人を対象にした里山ツーリズムを手がけている。インバウンドという言葉をこのとき知った。

 2013年晩秋、デルフィンが「森を歩きたい」というので、夏井川の渓谷林と集落を案内した=写真左。おととし(2015年)の月遅れ盆には「じゃんがら念仏踊り」を写真に撮りたいというので、ハマに近い農村の新盆の家(カミサンの親戚)へ出かけた。どちらも「ディープないわき」だ。日本人の普通の暮らしや習慣、自然に興味を持つ外国人が増えているという。その実例を見る思いがした。
 
 ダークツーリズムとホープツーリズムはセットだ――と若い評論家が言っている。コインでいえば裏と表の関係だろう。

 視察ツアーを案内している人の話や県の資料をネットで読むと、浜通りの復興に向かっている団体や人の活動、現状を見て、自分の住む地域の防災に生かしてもらいたい、ということのようだ。悲しみのなかから未来への教訓をくみ取ってほしいからこそホープツーリズムなのだ、ということになる。

2017年2月22日水曜日

魚の干物の今

 知人から、いわきのハマの水産加工場でつくられた魚の干物をもらった。次の日、別の知人がマチで売っている魚介乾燥品(つまみ)を持ってきた。どちらにも「添え状」があった。
 加工業者の添え状=写真=は、地場の魚を使えない悔しさがにじんでいた。「平成25年10月より、小名浜港で試験操業が始まり、県の放射性物質検査で安全が確認された対象8魚種(ミズダコ、ニクモチ、メヒカリなど)が、スーパーなどの店頭に並ぶようになりました」

 しかし、「加工部門には、まだ、試験操業の魚は、流通していません」。だから、というべきか。「東日本大震災からいわき市の水産業が復興へ向かう大事な試験操業ではありますが、引き続き、当店では、お客様の気持ちを第一に考え、北海道などの安全な地域の魚を加工し、販売しております」
 
 マチの店の添え状には「当店の商品は全て、放射性物質の基準値を確認し安全と認められたものです。(略)ひものやみりん干し等の干し物は乾燥機を使って仕上げておりますので、御安心くださいませ」
 
 漁船が海に出て操業し、水揚げして市場でセリにかけられたものが店に並ぶ――私たちが魚を口にするまでの流れだが、福島県ではスズキ・カサゴなど12種類を除いて、97種の出荷制限が解除された(県、県漁連のホームページ=1月17日現在)。
 
 私は、山里で生まれ育ったこともあって、魚にはあまり食指が動かない。唯一例外がカツオの刺し身だ。いわきに移り住んでカツ刺しのうまさにびっくりし、そのために根っこを生やしたといってもいいほど、夏は毎週、「カツ刺し」を口にする。
 
 そんな人間からみても、魚の出荷制限があらかた解除された状況は喜ばしい。が、加工部門には地場もの、つまり「常磐もの」が回ってこない。添え状から魚介類の流通量の少なさ、加工業者の苦衷がうかがえるのだった。

2017年2月21日火曜日

梅前線、渓谷に到着

 1月中旬、いわき市小名浜のお寺の境内。マンサク=写真=とロウバイが満開だった。
 毎年、初観音に合わせて、境内で「かんのん市」が開かれる。カミサンが、シャプラニール=市民による海外協力の会のフェアトレード商品を販売する。「荷物運搬人」だけではつまらない。なにか絵(写真)になるものはないかと、境内をめぐる。真っ先にマンサクの花が目に入る。パチリとやる。晴れて風が強かった。

 それから1か月後の2月中旬最後の日、19日。いわきの平地では紅梅と白梅が満開になった。スイセンも咲き誇っている。

夏井川渓谷へ出かけた。晴天、強風。梅前線は渓谷の小集落・椚平(くぬぎだいら)に到着していた。わが隠居のある牛小川はそれより少し上流に位置する。隠居の梅は、1、2輪は咲き出したが、まだつぼみ。庭ではオオイヌノフグリが咲いていた。

 きのう(2月20日)は、久しぶりに平市街からすぐの山寺を訪ねた。帰りは林道を下って来た。ヤブツバキが咲いていた。

 二十四節気の「雨水(うすい)」がすぎた。きのうは夕方、ほんものの雨水が少し降った。郊外では「田おこし」が始まった。おとといもきのうもトラクターが動いていた。

 近所の家の庭で大きく枝を広げていたソメイヨシノが、先日、伐採された。てんぐ巣病に侵されたわけではなさそうだが……。そこにあって、風景にどっしりとした安定感を与えていた大きな木が消える。しばらくは間が抜けたような景色になじめなかった。近所にあるソメイヨシノの大木は残り1本。こちらはまだ大丈夫だろう。

きょうも晴れて風が強くなる、という予報。寒暖を繰り返しながら、季節は冬から春へと移りつつある。今はその「踊り場」にさしかかったところ。

2017年2月20日月曜日

「風刺」と「揶揄」の違い

 いわき地域学會の第325回市民講座がおととい(2月18日)、いわき市文化センターで開かれた。講師は同会幹事でいわき市立美術館長の佐々木吉晴さん。「風刺の限界は?」と題して話した=写真。
 つい1カ月前のことだという。韓国の国会内で野党が「時局批評風刺展示会」を開いた。現職大統領を風刺した裸体画に保守派の人間が激怒し、それを破壊した。メディアは、エドゥアール・マネの裸体画「オランピア」を下敷きにした作品としか言及しなかったが、「オランピア」の着想の原点のひとつにもなったジョルジョーネの裸体画「眠れるヴィーナス」からも引用している、と佐々木さん。

「オランピア」が生まれた1863年ごろのパリ画壇の状況は――。サロンで、高級娼婦をモデルにした「オランピア」は落選したが、タイトルに女神の「ヴィーナス」の名が入った裸体画は入選した。「オランピア」そのものが、同じ裸体画でも「ヴィーナス」ならOK、という風潮への風刺だった。

「ゆるやかな共通理解として、あくまで風刺の対象は公的な部分に限定される。服の内側の生理的・個人的な部分への言及は、多くの場合、『風刺画』というカテゴリーから離れた、単なる『揶揄』とみなされる」。佐々木さんは風刺画家ドーミエその他の作品も例示し、風刺の歴史を紹介しながら、「絵画表現として自律していること」「個人攻撃になっていないこと」を風刺画のポイントに挙げた。
 
 韓国で問題になった作品は、風刺ではなくてただの揶揄でしかないという。破壊行為は許されないが、作品そのものは低劣だったのだろう。
 
 2年前、フランスのパリで風刺週刊誌本社襲撃事件がおきた。「表現の自由を守れ」という声がわきあがる一方で、「自由ならなにを描いてもいいのか」という疑問も出された。「人の批評はその人に面と向かって言える程度にとどめる」と学んだ者は、過度な風刺はもちろん、揶揄にもついていけない。「ほどらひ(ほどあい)といふことがござる」(金子光晴)と、絶えず脳内でささやく者がいる。