2017年10月22日日曜日

ラトブ10周年

 おととい(10月20日)、新聞にラトブ(平=複合ビル)とリスポ(小名浜=ショッピングセンター)の折り込み広告が入っていた=写真。
 ラトブはオープン10周年の“感謝セール”(割引や特別メニュー)とイベントの開催を告げるものだった。一方のリスポは 、“閉店セール”(割引)を20~23日に実施するという内容だった。こちらは来年(2018年)1月15日、50年の歴史に幕を閉じる。
 
 ラトブにしぼって書く。ラトブはいわき駅前再開発ビルとして、平成19(2007)年10月25日、オープンした。6階のいわき産業創造館に起業家を支援する「インキュベートルーム」がある。若い仲間がオープンと同時に、「ネット古書店」として入居した。
 
 たまたまその日が、会社をやめてフリーになった初日だった。若い仲間に誘われてインキュベートルームの同居人になった。前職のからみで回ってきた仕事があった。毎日、階下の総合図書館に通い、資料を探し、若い仲間に手伝ってもらって本を2冊つくった。取材・編集代行業のようなものだった。
 
 インキュベートルーム通いは1年で終わる。あとは在宅ワークに切り替えた。そのころ、縁があっていわきの雑誌「うえいぶ」の編集者になった。住んでいる行政区の役員に誘われ、吉野せい賞選考委員になった。震災の年(2011年)から今年までの7期、非常勤講師も経験した。

 ラトブができる数年前、私も参加して当時の市長に「いわき市総合型図書館整備に関する提言」をした。思い思いに過ごす「自分の椅子」のある図書館を――が柱だった。提言に基づいて総合図書館が計画され、ラトブの4、5階に入居した。
 
 オープン時から総合図書館に日参している人を知っている。話したことはない。どこの誰かも知らない。が、「自分の椅子」を持ち、「自分の書斎」として図書館を利用していることは確かだ。私もそうだ。ラトブの10年は、図書館利用の10年でもあった。
 
 オープン当初、別の若い仲間が私たちのことを「ラトブ族」と評したことがある。ラトブができるまでの本をつくり、図書館を自分の書庫のように利用している、という意味では、この10年、「ラトブ族」の一人だったことは間違いない。

2017年10月21日土曜日

キジバトと子イノシシ

 おどかしてごめん、ごめん、ごめん――。そう舌頭で謝りながら、車で“スーパー林道”を駆け上り駆け下った。
 ところどころでキジバトがえさをついばんでいた。キジバトにとっては、突然、うなり声をあげて疾走してくる暴れ牛のような鉄のかたまりだ。両側の木の間にそれればいいものを、前へ前へとまっすぐ飛んでいく。その繰り返し。肝を冷やしたにちがいない。

 夏井川渓谷のいわき市小川町上小川字牛小川と、左岸の神楽山(かぐらやま=標高808メートル)の裾をまくようにして、同市川前町下桶売字荻(おぎ)を結ぶ広域基幹林道上高部線を、地元の人は半分皮肉を込めて“スーパー林道”と呼ぶ。幅員は5メートル、延長は14キロ。おととい(10月19日)朝、いわき市から川内村・上川内へ行くのに最短コースとして利用した。

 1カ月前の敬老の日(9月18日)にも、田村市常葉町にある実家からの帰り、都路―川内経由で“スーパー林道”を利用した。珍しく対向車両があった。人もいた。山の手入れが行われていた。

 具体的には「ふくしま森林再生(県営林)事業上高部地区」で、期間は10月31日まで。間伐などの森林整備と、放射性物質の動態に応じた表土流出防止柵などの対策を一体的に行う、と福島県のホームページにあった。

 すでに事業は完了していた。道端の草がきれいに刈り払われ、表土流出防止の柵(間伐材を利用)が設けられていた=写真。

 しかし、整備事業エリアを過ぎると、道がいきなり草で狭くなる。牛小川寄り、川前・外門(ともん)の集落に近づいたとき、道をすばやく横切る小動物がいた。ずんぐりした体形。子どものイノシシだった。3匹か4匹か、ちょっとはっきりしなかったが、曇雨天のうえに杉林の中なので薄暗い、こんなところには出るかもしれない――予想していたとおりになった。
 
 人間界と自然界が混然一体となった山里ならではのできごとだ。そういえば、朝、川内へ向かっているとき、ケータイが鳴った。若い元同僚からだった。いわき市の「好間でイノシシを捕ります、作家吉野せいの住んでいた家はどの辺でしたっけ?」「好間中学校への道を上がって、ちょっと行って左折したどんづまり、(夫・義也=三野混沌の)詩碑があるところ」。彼は現役の記者だが、最近、わな猟の免許を取った。師匠格の人と一緒に菊竹山中にわなを仕掛けるのだろうか。
 
 曇雨天だと、イノシシは昼も動きまわる? いや、原発震災以降、イノシシ猟が激減した。人間が避難した双葉郡内はすっかり野生の王国と化した。日中から動き回る習性を取り戻しただけなのかもしれない。

2017年10月20日金曜日

川内の「心平記念館」へ

 きのう(10月19日)、用があって川内村へ行って来た。朝から雨。ジャンパーをはおり、マフラーを首に巻いて出かけた。外にいると寒かった。
 村に草野心平が夏・秋を過ごした「天山文庫」がある。天山文庫の下には阿武隈民芸館。平成22(2010)年、二つをまとめて管理する組織「かわうち草野心平記念館」ができた。その1年後、原発震災が起きる。記念館も全村避難の影響を受けた。今は再生・復興の途中だろう。

 天山文庫へは若いころ二、三度、阿武隈民芸館へはそのついでに一度入ったことがある。いわき地域学會が『川内村史』を請け負った際には、幕末の俳諧を中心にした「川内の文芸」と、現代の「川内と草野心平」を担当し、仕事が休みの日に仲間と川内通いを続けた。

 おととい(10月18日)の福島民報「ふくしまは負けない 明日へ」欄は川内特集だった。<被災地の声>のコーナーに、同村で陶芸工房を開いている友人夫妻の愛娘、志賀風夏さん(23)が載った=写真。なんと、この4月からかわうち草野心平記念館の管理人になっていた。
 
 彼女のことなら生まれたときから知っている。よちよち歩きの姿も、震災後に大学生になって陶芸を始めたことも。
 
 記事にこうあった。管理人としては――若者向けの企画展を開いたり、天山文庫を使ったイベントを開催したりしたい、復興支援のために川内村へ集まっている人たちと協力して村の素晴らしさを発信したい。個人的には――陶芸を父親に学んでいる。父親は簡単に食器を製作するが、自分は思うように作ることができない。未熟さを痛感している。将来は仲間と合同展を開催できれば。
 
 記念館を訪ね、風夏さんに会って新聞記事の話をする。「そうみたいですね」。コピーを持って行けばよかったか。風夏さんと別れてから自宅を訪ねてわかったのだが、家では別の新聞をとっていた。両親も記事を読んでいなかった。
 
『川内村史』や、かつていわきで開かれた心平展の話などをした。今は管理人として心平の本を集め、集中的に読み解いているところだという。木工も得意な父親に本棚をつくってもらった。自宅を訪ねたときに、父親が本棚を見せてくれた。まだまだスペースが余っている。これからどんどん心平関係本が収まるのだろう。
 
 ま、それはそれとして、若い人同士、協力して川内の素晴らしさを発信したい、という心意気には打たれた。新聞記事を読んですぐ、6月16日に始まった「かわうち草野心平記念館」のツイート400件余を全部チェックした。発信者「中の人」は若者らしい感性に満ちていた。
 
 いわきには市立草野心平記念文学館がある。ちょうど今、市内では心平の詩に出てくる「玄玄天」を冠にした「まちなかアートフェスティバル」が開かれている。こちらも若い人が中心になって活動している。
 
 心平つながりでいわきの若者たちとネットワークを結ぶことはできるのではないか。それこそ合同展を開く仲間に出会えるかもしれない。
 
 文学館のあるいわき市小川町と記念館のある川内村とは国道399号でつながっている。これを私は勝手に「かえるロード」と呼んでいる。やがて「十文字トンネル」ができると、いわきと川内の時間距離はかなり短縮される。山のあちらとこちらの若者をつなぐ声かけぐらいなら年寄りにもできそうだ。

2017年10月19日木曜日

楽屋初体験

 まだ平市民会館があったころ、一度だけ楽屋をのぞいたことがある(同会館の跡地にアリオスができた)。
 多摩動物公園・チンパンジー飼育係の知人と、それぞれ奥さん同伴で、仙台でさとう宗幸さんと会食した。知人とさとうさんはテレビ番組を介して知り合ったらしい。そのさとうさんが何年か後、平市民会館で常陽銀行のファミリーコンサートにやって来た。あいさつを兼ねて楽屋を訪れたのだった。四半世紀も前のことだ。
 
 そのときは楽屋の“訪問体験”だったが、今回は出番までの“待機体験”だ。
 
 先週土曜日(10月14日)、いわきピットで吉野せい原作「洟をたらした神」の上映会&トークショーが開かれた。トークショーに、神山征二郎監督と私、いわき市立草野心平記念文学館の学芸員として、平成11(1999)年に「生誕百年記念―私は百姓女―吉野せい展」を担当した長谷川由美さん(現いわき市暮らしの伝承郷副館長)が“出演”した。
 
 当日午前11時半に集合し、楽屋で昼食をとりながらトークショーの流れを確認した。壁には鏡、会場のモニターテレビ=写真、冷蔵庫などがある。隣にはトイレ。出演者はここで化粧をし、出番を待つわけだ。
 
 トークショーは30分で終わった。反応は? フェイスブックに知人が感想をアップした。子どもが中学生のときにお名前を知った先生がいる。野鳥の会いわき支部の会報「かもめ」がたまに届く。なかにお名前がある。その先生からはがきが届いた。

 私のブログで開催を知り、申し込んだ。トークショーでは、吉野せいの人となりを知って、大変楽しかった――とあった。5日たってようやく余韻にひたっている。

2017年10月18日水曜日

三春ネギが芽を出した

 いわきの在来ネギの種まき日は決まっている。春まきの「いわき一本太ネギ」は4月10日。秋まきの「三春ネギ」は10月10日。生産者から教えられたことだ。 
「いわき一本太ネギ」は夏井川下流の砂地、「三春ネギ」は夏井川渓谷から山を越えた田村地方の隆起準平原(阿武隈高地)で栽培されている。おおよそ20年前から、渓谷の隠居で自家採種をしながら「三春ネギ」をつくっている。
 
 今年(2017年)は、車で5分ほどのところに地元の種苗店が移転してきたので、そこで売っている「いわきねぎ」(いわき一本太ネギ)の種を買って、プラスチックのポット苗床にまいた。覆土と水やりが不十分だったため、半分も発芽しなかった。
 
 それを頭において、10日前の日曜日(10月8日)、「三春ネギ」の種をまいた。去年(2016年)は筋まきながら、点まき気味に間隔を置いて覆土した。それがよかったらしい。太い苗ができた。
 
 週末からきのう(10月17日)午前まで、街から離れられなかった。で、きのう午後、様子を見に行った。ちゃんと発芽していた。
 
 ネギは発芽のかたちがおもしろい。黒い種の殻を破った根はいったんヘアピンのようなかたちで地上部に姿をあらわす=写真。記号の「∩」に近い。「∩」は主に数学の確率に用いられる記号で、「キャップ」というらしい。
 
 その後、根の部分は下へ下へと向かい、もう一方の茎の部分は上へ上へと伸びる。地上から離れた芽は最初、黒い殻をかぶったままで「?」のようなかたちになる。やがて殻を落とし、シャキッと一本立ちする。

 種をまいて安心し、芽が出てホッとする。師走には寒冷紗をかけてやる。そうして越冬すれば、春には太いネギ苗ができるだろう――そんなことを想像しながら、初夏に定植した「三春ネギ」を数本引っこ抜いて帰ってきた。

2017年10月17日火曜日

10月の冬支度

 厚手の衣類に着替える。石油ヒーターを出す。座卓代わりだったこたつにカバーをかける。先週末(10月14日)から冬支度が続く。早い。
 きのう(10月16日)は朝、灯油を買いに行った。車のトランクに入るのは18リットルポリ缶5個。買って戻ると、残っている3缶にも入れて来て――といわれる。結局、8缶を満タンにした。

 曇雨天続きのうえに、寒気に包まれた。きのうの最高気温は小名浜で13.2度。未明の午前1時にピークがきて、日中は13度を下回った。ブルッとなるわけだ。

 土曜日はイベントかけもち。日曜日は地元の公民館まつりの手伝い。きのう月曜日は吉野せい賞関係会議。

公民館まつりの芸能発表は途中から雨になった=写真。ぬれたままではテントをたためない。その片付けが残っている。いついつやる、となったら、区長に連絡がくる。用事が入っている日と重なれば行けない。そこは了解してもらうしかない。

 朝晩は、そして寒い日中も、一時的にヒーターをかける。ヒーターの暖気をダクトでこたつに呼び込む。省エネを意識してそうしているわけではない。こたつの差し込みか電線が断線している。去年(2016年)はそれで、こたつの下に電気カーペットを敷いた。

 体が天気の変化についていけなくなっている。寒気が来そうなときは一枚多く着込む。公民館まつりではそろいのジャンパーをはおった。ふとんもそろそろ冬用に取り換えないといけない。夕べは鼻がむずむずした。けさも少し違和感がある。風邪?

きょうはこれから、行政区内の事業所を回って区費協力金のお願いをする。明け方には雨がやんだので、まずはよかった。(午前6時半、外を見ると小雨)

2017年10月16日月曜日

70歳の再デビュー

 土曜日(10月14日)は午後、二つのイベントに参加した。吉野せい原作の「洟をたらした神」上映会&トークショー(いわきピット)が終わるとすぐ、「まちなかアートフェスティバル玄玄天2017」の開幕に合わせたトークイベント「いわきの現代美術の系譜~緑川宏樹編~」(アートスペースもりたか屋)に合流した。
 日曜日は朝8時から、地元の公民館まつりでテーブルやいすを出したり、テントで物売りの番をしたりした。館内外でイベントが行われた。区長協議会が実行委員会の軸になっている。要は裏方だ。

 曇天のまま終わるかと思ったら、11時前から雨になった。園庭で行われた芸能発表は、舞台が屋根付きのトラック。その前にいすを用意したが、プログラムの3分の2が終わったところで観客はテントと玄関口に引っ込んだ。雨でテントの片づけができないため、予定より1時間早く解散した。
 
 家に帰って一休みしたあと、街へ出かけた。前日の玄玄天トークイベントのとき、玄玄天に作品を発表した高木武広さん(小名浜)から「ぜひ作品を見てほしい」といわれた。
 
 彼とは、昭和40年代半ばから10年間、いわきの美術シーンをリードした草野美術ホールで知り合った。今年(2017年)5月、阿部幸洋新作絵画展が平のギャラリー界隈で開かれた。スペインに住む阿部も、草野美術ホールの“同窓生”だ。そこで、四十数年ぶりに高木さんと顔を合わせた。

 作品5点がアリオスの1階東口ウォールギャラリーに展示されていた。作品を発表するのも四十数年ぶりではないだろうか。確か、私より1歳年上のはずだから70歳の再デビューということになる。結婚して商売を始め、子育てを終え、店を閉じた。あとは好きな美術に没頭しよう、となったのだろう。

 作品のひとつ、「時の移ろい」=写真=は5センチ大の標本箱風仕切り648個で構成されたミクストメディアで、それぞれの標本箱には貝、石、棒、平面の色絵などが配されている。
 
 若いころの作品は忘れたが、若い人たちの玄玄天にふさわしい挑戦的で実験的な作品だ。個々の小宇宙で構成された大宇宙=画面全体になにか仕掛けがありはしないか。たとえばだまし絵とか、別のなにかが浮かび上がってくるとか……。目を凝らしたが、なにかが見えてくることはなかった。
 
 草野美術ホールの“同窓生”は、もう何人も鬼籍に入った。松田松雄、緑川宏樹、山野辺日出男、同年代のK、後輩のH、S……。生活者としての時間を全うした高木さんの若々しい再始動に胸板が共振した。